ワゴンR買取価格

はじめに売却実績が出るから安心
\ズバット車買取比較/

トップページ

まずはじめに、中古のワゴンRを高く売りたいなら主に4つの方法があります。

  • 街の新車ディーラーの下取り
  • 街の中古車ディーラーに売る
  • オークション・個人売買
  • 全国の買取専門店に売る

結論として、
一番のおすすめは買取専門店に売る方法です。

街の新車ディーラーの下取りの場合、下取りを扱っているお店の専門は「車を売ること」です。中古車買取の経験が十分でない場合、損を避けるためにかなり安めの価格提示になる傾向があります。

道路を走っているとだいたいの街で見かける街の中古車ディーラーの場合は、地元にたまたまいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回るのも大変です。また、その地域の狭いエリアの需要と供給に価格が左右されるため全国で比較して一番高く売る方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

一方で、オークションや個人売買の場合は、高く売れる可能性がありますが、車の売買は高額なためしっかりとした契約書を用意したり、その上でいろいろな条件をクリアする必要があります。そもそも手続き自体が面倒ですよね。そして、その上でトラブルになる可能性もあるのです。

最後に、買取専門店の場合ですが、全国にネットワークを持っているので買取価格が一番高いお店を選んで売れる可能性が高いです。

とにかく中古のワゴンRを一番高く売るなら?

なぜ、中古のワゴンRが買取専門店で高く売れるのかというと、

  • ワゴンRの買取の経験が豊富 ⇒ 査定が上手い
  • 全国にネットワークあり ⇒ 比較対象が多い
  • 個人売買の不安がない ⇒ 安心

という3つの条件がそろっているからでした。

つまり、全国の買取専門店同士を一括見積もりで比較するというのが、中古のワゴンRを一番高く売るためにできる一番賢い方法です。

\一番使える一括査定サービス/

無料&40秒程度で入力完了
査定場所査定依頼数参加業者数
自宅、駐車場など最大10社288社
2022年1月11日現在
  • メーカー、車種、年式、走行距離が分かれば、30秒程度で査定できます
  • 厳選された業者の中から訪問可能なところがすぐ見つかります

メールで見積依頼可能
営業電話が気になるなら
査定場所査定依頼数参加業者数
自宅、駐車場など最大30社1000社以上
2022年2月7日現在
  • リクルート社運営の大手サービスの安心感
  • 営業電話をメールにすることができるから煩わしい手続きが不要

営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
査定場所査定依頼数参加業者数
お近くの提携ガソリンスタンドなどオークション最大8,000社
  • メーカー、車種、年式、走行距離が分かれば、30秒程度で査定できます
  • ガソリンスタンドなどの提携店で査定を1回受けるだけでいいので煩わしくありません
  • 査定は1回だけど買取業者候補は8,000社以上だから本当の最高値がどこなのかが分かります

【今すぐ相場価格が分かります】
ユーカーパックは、かんたん申し込み後にすぐに相場価格が表示されます。査定の前に相場が分かるので安心です。実際の買取は別の会社ですが、それまでのやり取りは査定も含めてユーカーパックに一本化されているというのは、今までの一括見積サービスとは一線を画す便利さです。

車査定人気車種ランキング

買取価格急上昇中の人気車種はこちら

  • ダイハツムーヴ
  • ホンダフィット
  • トヨタワゴンR
  • ダイハツタント
  • スズキワゴンR
  • 日産セレナ
  • トヨタヴォクシー
  • ホンダライフ
  • ホンダオデッセイ
  • BMW3シリーズ

はじめての中古のワゴンR買取査定Q&A

車買取サービスはあなたの愛車を一番高く売れる可能性が高いので、複数の会社に見積もりを依頼してその中からさらに厳選するのが鉄板です。

しかし、どの会社も自分のところで契約を決めてしまいたいのが本音。いろいろな営業テクニックを駆使して上手にまとめてこようとします。そこで、契約で後悔しないためにチェック項目を用意しておきましたので確認しておいてください。

Q.契約って見積もり後にその場でするの?

A.いいえ。

事前に約束していないのであれば、あくまでも見積もりに留めて他社と比較するようにしましょう。

なぜなら、相手の営業さんは契約を取るために来るのですから、その場で契約を結ぼうとする人が多いからです。

「明日以降は値段が下がってしまうかもしれない」「この場だけの即決で○万円追加させていただきます」などと言われてしまうと、心はグラッと動いてしまうものです。

いいなと思っても、他者の方が高い可能性がないか、お値段の内訳はどうか、契約書の内容は大丈夫か、など、チェックすることがいくつかあるのでその場で決めるのはトラブルや後悔の元になりますよ。

当日中に全部やろうとすると、慣れない契約書チェックで疲れてしまうこともあります。

Q.傷とヘコミは直したほうが高く売れる?【重要】

A.いいえ。これはよくある間違いです。

少しでも綺麗にすれば高く買い取ってもらえそうですが、傷やヘコミを自分で直すことはお勧めできません。というか直してはいけません。

まず、ホームセンターなどで売っている傷を埋める塗料などは、査定金額を下げてしまう可能性がありますし、カーショップで本格的に修理してもらうと今度は逆に収支がマイナスになってしまう可能性が高いです。

修理の分引かれてしまうので手を入れてしまいたくなりますが、ぐっと我慢しましょう。

ただし、社内の掃除や消臭は有効です。

よほど汚くしていない限り、査定額に直接影響が出ることはないでしょうが、その他の項目でマイナスになる可能性が高まります。

汚い・臭うというのは、本能(生理的)に訴えかけてしまうので、判断に迷った時にマイナスのチェックが入ってしまうかもしれません。

車内でタバコを吸っている方は、売ろうかなと思った段階で車内での喫煙は控えて、ダッシュボードなどのヤニ汚れをふき取って、消臭剤(無香料などごまかさない系のもの)などで対策をしておきましょう。

Q.交渉すれば高く買い取ってもらえる?

A.どちらとも言えませんし、おすすめできません。

営業というお仕事は一言いうと交渉のプロです。つまり、交渉するということ自体が、相手の土俵に乗るということになります。

値段は交渉するのではなく、相見積をとって比較するというのが、素人でも損しないための最大の秘訣です。

Q.サプライズでプレゼントを貰ったんだけど受け取っていい?

A.いいと思いますが、要注意です。

実際に査定を受けると粗品プレゼントなどのキャンペーンがときどきありますが、初めから分かっているもの以外に、現場の担当さんが突然無条件で何かくれることもあるようです。

引っ越しの査定でもおなじみの手段なのですが、贈り物をもらうって想像以上に影響を受けます。

何かもらうと、そのぶんお返しをしたくなる心理が働くので、「他は問題ないのですがこの点だけはマイナスになってしまいます。」などの表現をされたときに、仕方ないなと諦めることになりがちですし、比較するときに金額に差があってもあの時よくしてもらったからという感じで非合理的に選んでしまうこともあります。

当日中の契約を避けたほうがいい理由の一つでもあります。

Q.個人売買のほうが高く売れるんじゃ?

A.頑張れば高く売れるかもしれませんが危険です。

買うのは怖いけど売る側なら大丈夫じゃない?と思われがちですが、高額商品である車の売買は売る側にとっても非常にトラブルが多いです。

また、売り手側は、契約書を用意してそれを相手と納得のいく形で締結するのを考えたり、税金の処理や所有権の移転など非常に面倒な手続きも多いです。

手続きの煩雑さや裁判などのリスク、売却後のトラブルなどの可能性を考えると、専門の買取業者に任せるのが費用対効果が高い方法になるでしょう。

Q.一括買取査定って書類の準備が必要?

A.いいえ。書類特に準備は不要です。

車の売却のための書類などは、一括査定申し込みの段階では不要です。

事前に準備が必要なのは、車情報(メーカー、車種、年式、走行距離)と、営業さんを呼んで見積もりしてもらうスケジュールを開けておくことと、申し込み後の折り返し連絡がくる準備をしておくことでしょうか。

今、何か決まった用事がなく、見積もりに来てもらう日を決めさえしたら、今すぐ申し込みできますよ。

よくあるトラブルがない!車買取査定はこちら

車を売りたい方向けコラム

7年間乗っていたekワゴンの乗り換えを決め、新しい車の購入に際して下取りも考えましたが、下取りの提示金額に不満がありました。

少しばかり手間ではありましたが、中古車買取業者の方がずっと良い金額で買い取ってくれました。

一括での査定を利用したので、おおむね相場も知れて有益でしたし、売る時の手続きも思ったほど複雑ではありませんでした。

下取りだとこんなに良い額にはならなかったと思うと、本当に、下取りに出さなくて正解でした。

いくら売却したいと思っていても、査定のために現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのは無茶としか言いようがありません。

他店での価格や市場相場に疎い状態で行くわけですから、相場より安値で売却してしまうこともあるからです。

あえてメリットを挙げるならば、スピードです。

なにせ買取査定の対象となる車を店舗に持っていくのですから、実印(普通乗用車の場合)や必要書類が整っていれば、トントン拍子で契約完了ということも考えられます。

一般的に言って、事故車と呼ばれている「修理歴車」は、査定時に大きく減額されてしまう要因となってしまいます。

でも、以前修理したことがあるすべての車が修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしても修理歴車とは呼ばないのです。

しかしながら、修理歴車という呼称はされなくても、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。

車を手放す際に買取と下取りのどちらが得かというと、売値の高さを考えるのなら買取です。

下取りの場合は買取よりも安く売ることになるでしょう。

下取り時には評価されない部分が買取なら評価されることも少なくありません。

特に事故を起こしたことのある車を売る際は、下取りだと非常に低評価となり、廃車費用を請求される場合もあります。

全く動かなくなった自動車のことを「不動車」と呼びますが、この場合も売却を諦める必要はないと言えます。

不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。

部品単位でみればまだ使えるものもあるかも知れませんし、それらの部品に対して値段をつけて買取してくれる会社はあるのです。

通常の店舗では不動車買取ができない可能性も高いので、事前に調べて不動車を査定してくれるお店に依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

ちょっとでも自分の車の査定額をアップさせようと思うならば、相場を知りたいだけでなく、自分は直ぐにでも売りたいんだという思いを強く出すことでしょう。

取り敢えずの査定なんだけどという多分売却はすぐにしないだろうという相手よりも、話が決まれば直ぐにでも売りますという相手の方が買取業者にとっては有益に違いありません。

即決の意志があると知ったならば、ほかの業者に逃すまいと高めの見積もりを示してくれるかもしれないでしょう。

今乗っている車にも大変愛着があるのですが、このたび家族が増えまして、我が家でも思い切って車を買い換えようという話になりました。

その時のことですが、一つの会社だけに頼まず、複数の業者に査定をお願いして、最も査定額が高かった業者に売るようにしました。

スタッドレスタイヤに付け替えていましたが、元々の値段が結構しますからどれくらいプラスになるだろうかと、内心かなり期待していたわけですが、結果としては大して変わらなかったです。

小さいヒビ割れもあり、相当減ってもいて、悪いといっていいような状態の物だったらしいので、値段はつきませんでした。

無料でで引き取ってもらえたので、自分で処分せずに済みましたが、スタッドレスタイヤの状態が、とても良いものであった場合だと車とは別に、タイヤを買い取ってくれるところで売った方が得をするようです。

別の車が欲しいと思っています。

今は外国製の車を所有していますが、一般的には聞きなれない名前の車種なので、納得のいく価格をつけてもらえるのか気を煩わせています。

いくつかの中古車買取店に実物を見てから査定を出してもらえるよう申し込みをして、見込みよりも安い価格を提示されたら、別の方法(オークションなど)も選択肢に加えた方が適切な判断かもしれないです。

\おすすめ1位のズバット車買取比較/

ワゴンRを一番高く売るならココ↓